20240205~07

5日の朝、ライヴの余韻も醒めやらぬまま、ホテルをいつもよりちょっと早く出発し、さぁ東京へと。

行きしなに東京に帰るころ、もしかしたらかなりの雪かもって話しはしてたんやけど、まぁ、まぁ、今ゆうてもしゃあないな〜ってな感じだったんよね。

それが大阪出て京都すぎたあたりでヒロちゃんが

「ヤバいっす!スタットレスだけ通行可になってます!

タイヤ、スタットレスでしたっけ?」

「いやぁ、スタットレスでもノーマルでもないよ」

「じゃあ何なんすか?」

「要はノーマルは走れませんってことやろ?なら大丈夫ちゃうか?知らんけど」

なんて呑気な話しをしてたら、東名、新東名、清水〜東京間全面通行止めの表示が…あぁ〜。

ん〜どないしようかいなぁ〜

こんなときは下道走っても大渋滞なんよなぁ。

清水かぁ…

とりあえずいけるとこまで行って、さっさと高速降りるが良きだなぁ〜

ですよね!って振り返ったら、後部座席の祈祷師さん…祈祷でパワーをつかい果たしたのか、本を持ったマンマ目閉じてはるし…。(笑)

一旦サービスエリアで情報整理し、協議して浜松まで走り今日はもう泊まろ!って事に。

安全に帰ってこそのツアー。

そういった類いのリスクは負うべきじゃない。

腹を括ったマイファニは諦めが早かったなぁ〜

宿に荷物入れてちょっとして浜松の居酒屋へ。

ビールが運ばれてきたときに

「今日は周平兄さんの誕生日を祝えっお告げですよこれは!」

「そうだよ〜周平、その為に俺たちはここに来たんじゃないか〜」

「ほんまかいな?」

で、飲み会開始!(笑)

楽き夜はあっという間に過ぎて、宿に帰り一応情報をと思いテレビをつけたら…何と…一般道まで通行止め。

これはぼくは経験ないよ。

あのまま走ってたら…と思うと…ゾッとした。

こりゃあ明日も何かと安全ではないなぁ…。

何事もなく無事に帰ることを一番に考えたら答えはすぐに。

翌日6日、夜はまた居酒屋へ…。

ここで近藤くん、炸裂す。(笑)

いやぁ、めちゃくちゃ良い話しが出来て、俺達最高かよ〜な夜。

状況は散々だったかも知れないけど、ほんと記憶に残る誕生日になった。

ま、飲み会のふわぁ〜っとした良い感覚しか憶えてないかもだけど。(笑)

翌日はサービスエリアに寄り、サービスエリアに寄り、近藤くんを待ち、近藤くんを待ちで帰ってきましたよ。(笑)

炸裂の反作用…いや、アレは祈祷の二日酔い…だと思いたい!(笑)

3人共無事に着きましたとさ。

何よりこれが行きだったら…って考えたら…めちゃホッとしたんよね。

さぁ、次は東京編。

まずは2月25日、フーチークーチーにてアコースティックスタイルワンマン。

そんなんもこんなんも全部音にしていきますよ。

お楽しみに!