my funny hitchhiker Document of the tour “Document” release

11月から始めたmy funny hitchhiker ” Document ” リリースワンマンツアー。

札幌、福岡、名古屋、大阪、東京と、東京以外は全て2デイズ。

エレクトリックスタイルとアコースティックスタイルで。

マイファニには、いや、近藤くんが創る楽曲には必ず”静と動”、”光と影”の様な、二面性があり、それぞれにスポットを当てることが出来る。

ラウドな曲をただエレキをアコギに持ち替えて演奏するのでは無い。アレンジも全部変えて。

コレがmy funny hitchhikerの強みだと、ぼくもメンバーも考えている。

ライヴの模様も毎回近藤くんが録音してくれてそれをずっとホームページにアップしてきた。

ライヴ会場に来れなかった方々の事も考えて。

今回、リリースワンマンツアーをまわってきたことももちろん、バンドはいかに生物なのかってのを知ってもらいたかった事もあり、ツアーの模様を販売することになった。

ライヴの全貌は既に3月中に全てアップして(期間限定)ある意味、まず試聴できるようにして、近藤くんが全てのMCをカットし、絶妙に繋げて(多分泣きそうになる作業)一枚のリスニングに適したライヴ盤として今回、オンラインリリースすることに。

え!普通逆じゃないか?とか、そんな事してどうすんの?って思われるかも知れないけど、答えるならば、my funny hitchhikerってそんなバンドなんだよって事と、耳を澄ませて聴いて下さる方が必ずいるって信じてるから。

嬉しい事があってね。

今回リリースした2ndアルバム「Document」を聴いて下さったThe Waterboysのマイクスコットさんからアルバムを感想が近藤くんの元に届いた。

(以下近藤智洋ホームページより抜粋)

ーーー

スゴく嬉しかったので、みんなと共有できればと思ってます。
(※マイクさんにはアップの許可を頂いてます)
——–
The band, the sound, the playing and the songs are all fantastic. The guitar sounds are incredible and Shuhei has mixed it has done a brilliant job. The album is just so great! Serious top drawer rock and roll. Also..your guitar playing is fantastic. I’d love you to play on a track with me sometime.

“バンド、サウンド、演奏、曲、すべてが素晴らしい。 ギターの音も素晴らしいし、ミックスを担当した周平も素晴らしい仕事をしている。このアルバムは本当に素晴らしい! 最高級のロックンロールだ。また、あなたのギター・プレイも素晴らしい。いつか僕と一緒に音源で演奏してほしい。

Mike Scott (The Waterboys)”

ーーー

嬉しかった。

必ず、何処かに耳を澄ませて聴いて下さっている方がいて下さっているって事に。

ホント、励みになるよね。

何より、近藤くんに恥をかかせないサウンドが創れて良かったよ(笑)

いつかセッションして欲しいなぁ。

マイクさんが言うんだから、周平がマスタリングしたんだから、足を運んだライヴをもう一度味わいたい…どんなきっかけでも構わない。

皆さんのサポートがバンドの励みになります。

よろしくお願いします。

☆mfh records web shop → こちら

(期間限定 6/30まで)

ところで岸田総理。

武器を造り、武器を売り、紛争に加担することを可能にする事が「平和国家、日本だから進めることができること」なのか?