sticky

2024-02-13

20240205~07

5日の朝、ライヴの余韻も醒めやらぬまま、ホテルをいつもよりちょっと早く出発し、さぁ東京へと。

行きしなに東京に帰るころ、もしかしたらかなりの雪かもって話しはしてたんやけど、まぁ、まぁ、今ゆうてもしゃあないな〜ってな感じだったんよね。

それが大阪出て京都すぎたあたりでヒロちゃんが

「ヤバいっす!スタットレスだけ通行可になってます!

タイヤ、スタットレスでしたっけ?」

「いやぁ、スタットレスでもノーマルでもないよ」

「じゃあ何なんすか?」

「要はノーマルは走れませんってことやろ?なら大丈夫ちゃうか?知らんけど」

なんて呑気な話しをしてたら、東名、新東名、清水〜東京間全面通行止めの表示が…あぁ〜。

ん〜どないしようかいなぁ〜

こんなときは下道走っても大渋滞なんよなぁ。

清水かぁ…

とりあえずいけるとこまで行って、さっさと高速降りるが良きだなぁ〜

ですよね!って振り返ったら、後部座席の祈祷師さん…祈祷でパワーをつかい果たしたのか、本を持ったマンマ目閉じてはるし…。(笑)

一旦サービスエリアで情報整理し、協議して浜松まで走り今日はもう泊まろ!って事に。

安全に帰ってこそのツアー。

そういった類いのリスクは負うべきじゃない。

腹を括ったマイファニは諦めが早かったなぁ〜

宿に荷物入れてちょっとして浜松の居酒屋へ。

ビールが運ばれてきたときに

「今日は周平兄さんの誕生日を祝えっお告げですよこれは!」

「そうだよ〜周平、その為に俺たちはここに来たんじゃないか〜」

「ほんまかいな?」

で、飲み会開始!(笑)

楽き夜はあっという間に過ぎて、宿に帰り一応情報をと思いテレビをつけたら…何と…一般道まで通行止め。

これはぼくは経験ないよ。

あのまま走ってたら…と思うと…ゾッとした。

こりゃあ明日も何かと安全ではないなぁ…。

何事もなく無事に帰ることを一番に考えたら答えはすぐに。

翌日6日、夜はまた居酒屋へ…。

ここで近藤くん、炸裂す。(笑)

いやぁ、めちゃくちゃ良い話しが出来て、俺達最高かよ〜な夜。

状況は散々だったかも知れないけど、ほんと記憶に残る誕生日になった。

ま、飲み会のふわぁ〜っとした良い感覚しか憶えてないかもだけど。(笑)

翌日はサービスエリアに寄り、サービスエリアに寄り、近藤くんを待ち、近藤くんを待ちで帰ってきましたよ。(笑)

炸裂の反作用…いや、アレは祈祷の二日酔い…だと思いたい!(笑)

3人共無事に着きましたとさ。

何よりこれが行きだったら…って考えたら…めちゃホッとしたんよね。

さぁ、次は東京編。

まずは2月25日、フーチークーチーにてアコースティックスタイルワンマン。

そんなんもこんなんも全部音にしていきますよ。

お楽しみに!


2024-02-12

20240203~04

マイファニ大阪リリースワンマン2デイズツアー、無事終了。

状況は散々だったかもしれない。

だけどその中には今まで経験したことない最高があった。

2月3日、レガート。

わざわざ大阪までじゅんちゃんが来てくれて林田さんと迎えてくれた。

バタバタとセッティング。

なかなかギターの音とカホンの音が決まらず、でもなんとか完成。

細かい位置関係、音響、全員で造る、また造れるのがレガートでの醍醐味。

いざ本番へと。

ホント、ギターを弾くのに「夢中」になったって形容できるっていつぶりだろう…?

ホントあっという間に本番が終わってたんよ。

自分でもビックリ。

アンコール、またもうメンバーから気の利いた唄のバースデーサプライズがありまして…。

サプライズはやるのは楽しいんだけどやられるのは…ホンマ、気恥ずかしいというかなんというか…。もう!(笑)

ありがとうね。

和やかかつ情熱的なライヴやった。

この流れ、雰囲気を2月25日のフーチークーチーに繋げるよ。

翌日、寺田町ファイヤーループにてエレクトリックスタイルでの大阪ワンマン。

やっぱりワンマンってワンマンの良さがある。

じゅんちゃん含めてのサウンドチェックも入念に出来るし、楽屋には関係者しかいないしね。

だからこその張り詰めた独特の緊張感も産まれるんだけど。

いざ本番へと。

マイファニのワンマンなんだからマイファニらしいのは当たり前なんだけど、この3人で初めて音を出してからこの日までの全部が詰まった様なライヴになったんじゃないかなぁ。

物理的に、ぼくらの後ろから照らされる光はお客さんの表情を照らす。

その個々の表情がひとつになったときの感覚は、まるで全員とバンドをやって、最高のライヴをしてるかの様。

本当に何度も何度もありがとうを言ってた。

鳴り止まない拍手。

半端なく鳴り止まない拍手。

本当に嬉しかったよ。

で、このあたりでいつもならstickyは書き終わるのだが、ライヴは終わってもツアーはまだ終わってなかったんだなぁ…これが…。

次回はまたその話しを。

ありがとう。